• 写真左|郷土料理を提供する農家レストラン「知憩軒」の長南さん親子
  • 写真右|蔵人こだわりの酒に丁寧にラベルが貼られ、出荷される

鶴岡
食のミュージアム

市では、食文化に関するアーカイブ(記録の保存)の制作を進めています。
鶴岡「食のミュージアム」では、「食の宝庫」として驚くほど多様な食材や郷土の料理とともに、その背景にある生産者や料理人、蔵人らのこだわりや研鑽、守り継がれた伝統や精神文化について、写真などを通じて紹介します。
 


食文化を紡ぐ人々

古くから鶴岡の食文化を織りなす食は、生産者、漁師、料理人、職人などの手によってより豊かにより深く発展してきました。その鶴岡の食を担っている人々をご紹介していきます。

RSS

  • 2012.10.11

    食文化を紡ぐ人々 No.005

    とちもちの原料となるとちの実、古くから集落でとちを守られている行沢(なめざわ)地区に伺ってきました。

  • 2012.9.13

    食文化を紡ぐ人々 No.004

    鶴岡市櫛引地区にある「産直あぐり」では、店頭で販売されるぶどうの品種がシーズンを通して60種類以上もあるとか。 そんな噂を聞きつけて、ぶどう部長からお話を伺ってきました。

  • 2012.8.9

    食文化を紡ぐ人々 No.003

    鶴岡では、たくさんのフルーツが作られています。 今の時期では、ブルーベリー、メロン、スイカ、桃などですが、今回は桃農家さんにお邪魔しました。

  • 2012.7.12

    食文化を紡ぐ人々 No.002

    鶴岡のスーパーや産地直売所などで時々みかける「えご」 一見こんにゃくのようでもありますが、「えご」の正体を探りに鶴岡市由良地区を訪れました。

  • 2012.6.14

    食文化を紡ぐ人々 No.001

    鶴岡市外内島(とのしま)地区で栽培されている外内島きゅうり。
    鶴岡の在来作物の一つで、その昔、鶴岡では、きゅうりと言えば「外内島きゅうり」というくらいポピュラーな食べ物だったそうです。

[先頭]  <<    6   7   8   9   [10] 



鶴岡フード 庄内柿

全国有数の栽培面積を誇る庄内柿は、古くから庄内の人々に親しまれてきました。
今回は「庄内の、在来作物でつくるレシピ集「はたけの味」」より庄内柿のレシピ2品を動画でご紹介します。


鶴岡食文化クリエイティブ・フォトコンテスト

市では、食文化に関するアーカイブ(記録の保存)の作成を進めており、その資料収集を兼ねて、農林水産物や郷土料理、料理がふるまわれる場、食を伴う祭や行事、生産風景など、鶴岡の食文化をテーマとするフォトコンテストを開催しています。

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会
事務局鶴岡市企画部 食文化創造都市推進課 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL.0235-25-2111 FAX.0235-25-2990
お問い合わせsyokubunka@city.tsuruoka.yamagata.jp
© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.