自然の営みを大切に、先人たちの知恵が創り出した伝統農法によって
守られてきた在来作物や、四季折々に受け継がれてきた郷土料理の数々。
多彩で味わい深い食材とともに、豊かな食文化に恵まれる鶴岡市では、
「鶴岡食文化創造都市推進協議会」を主体として
「食文化」を活用した交流人口の拡大や、生産・加工・流通・提供が連携した
産業の振興、食育の推進など、さまざまな取組を進めています

2015年ミラノ国際博覧会に出展

ミラノ万博日本館イベント会場での出展イメージ

ミラノ国際博覧会 日本館イベント会場での出展イメージ

5月1日から10月31日までイタリア・ミラノ郊外で開催されている「2015年ミラノ国際博覧会」に鶴岡市(主催:鶴岡食文化創造都市推進協議会)が出展。10月2日(金)と3日(土)の2日間、万博日本館のイベント会場にて「ユネスコ食文化創造都市 鶴岡」をメインのテーマに、様々な催しを行いました。
日本初のユネスコ食文化創造都市となった鶴岡市と鶴岡の食文化の存在感を世界にアピールすることと、観光誘客の推進、鶴岡の食材や食関連産業の海外展開の促進を図ったほか、万博出展以外にも、ミラノのレストランや、イタリア・ブラの食科学大学、フランス・パリ等におきまして、様々な鶴岡食文化プロモーションを実施しております。
鶴岡市がイベント広場で出展した2日間の来場者数は約8,000人。大人気となった日本館の中でもトップクラスの人気でした。


古くから受け継がれてきた在来作物と、レシピ「はたけの味」。
郷土料理と、伝統行事とともに伝わる行事食の数々。
写真や映像で見る、生産者や料理人、蔵人たちのこだわり。
女性ならではの感性で発信する、リポーター体験。

新着情報

RSS

食文化を紡ぐ人々
お知らせ

RSS

  • 2016.8.24

    『庄内酒まつり 2016 ~やまがた芳醇~』開催しました(ハイライト) NEW

    2016年7月2日。鶴岡駅前(全農山形鶴岡倉庫)において、第3回「庄内酒まつり」が開催されました。 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。 米どころであり、酒どころでもある庄内。庄内地域全18酒蔵、100種類以上の地酒が試飲できるほか、 地酒にぴったりの旬の食材が味わえる食ブースも充実したイベントです。

その他

日本酒の産地だからこそ
酒粕で煮た料理が多い庄内。
素朴ながら奥深い郷土料理。
「はたけの味」レシピより


 
 

ページトップ

鶴岡食文化創造都市推進協議会
事務局鶴岡市政策企画課 食文化推進室 〒997-8601 山形県鶴岡市馬場町9-25
TEL.0235-25-2111 FAX.0235-25-2990
お問い合わせseisakukikaku@city.tsuruoka.lg.jp
© Tsuruoka Creative City of Gastronomy Promotion Committee. All Rights Reserved.